みやき町社会福祉協議会

赤い羽根 共同募金

赤い羽根共同募金期間 毎年10月1日から12月31日

赤い羽根共同募金とは

赤い羽根共同募金は、民間の運動として戦後直後の1947年(昭和22年)に、市民が主体の取り組みとしてスタートしました。
当初は戦後復興の一助として、戦争の打撃をうけた福祉施設を中心に資金支援する活動としての機能を果たしてきました。
その後、「社会福祉事業法(平成12 年社会福祉法に改正)」という法律をもとに「民間の社会福祉の推進」に向けて、社会福祉事業の推進のために活用されてきました。
そして60 年以上たった今、社会が大きく変化する中で、さまざまな地域福祉の課題解決に取り組む、民間団体を支援する仕組みとして、また、市民のやさしさや思いやりを届ける運動として、共同募金は市民主体の運動を進めています。
赤い羽根共同募金は、市民自らの行動を応援する、「じぶんの町を良くするしくみ。」です。


共同募金の流れと使われ方について

募金方法
共同募金の協力をいろいろなところにお願いしています。

  • 家庭(戸別募金 世帯あたり400円をお願いしてます)
  • 学校(小中学校等に協力をお願いしてます)
  • 企業(町内の企業や個人商店等にお願いしてます)
  • イベント(町民祭等にて募金活動を行います)
  • 窓口等(庁舎や金融機関等に募金箱を設置してます)

  • 募金には、たくさんの募金ボランティアのみなさんにご協力をいただいております。

       

    みなさんからお寄せいただいた募金は、佐賀県共同募金会に集められ、配分委員会にて次年度の配分金が検討されます。

       

    配  分
    社会福祉協議会・福祉団体・ボランティア団体(NPO団体、ボランティアグループ)等や社会福祉施設に配分されます。

    みやき町社会福祉協議会ではこのような事業に共同募金配分金を使用しております。


    地域福祉活動・各種講座等

    ふれあいサロン活動

    サロンスタッフ研修会等

    ふれあいサロン交流大会

    ふれあいサロン交流大会

    ハッスル隊(サロンサポーター)活動

    レクリエーション講習会

    蕎麦打ち講座

    傾聴セミナー

    遺言・相続セミナー

    ボランティア福祉講演会

    子育て支援事業

    きらきら子育てプログラム
    (ノーバディズ・パーフェクト)

    子育て講演会

    子育て広場

    平和伝承交流事業(小学生会との交流)



    その他
  • 社協だよりの発行
  • ふれあいサロン通信の発行
  • まちなかほっとルーム(子育て等相談)

  •  ボランティア協力校助成







     公表資料  シルバー人材センター  福祉バス  イメージキャラクター  様式ダウンロード

    みやき町社協facebook



    Adobe Readerをダウンロード
    PDFファイルを閲覧するには
    Adobe Readerが必要です。